HOME  >  ロートアイアンと経年変化

ロートアイアンと経年変化

ロートアイアンの魅力について

「ロートアイアン」は、「鍛造(たんぞう)」という金属加工を意味します。
鉄を加熱し、道具を使って、目的の形状に加工します。

棒状の鉄や鉄板をおよそ800度ぐらいで温め、少し鉄が柔らかくなったところで、曲げたり、ねじったり、叩いたりして形を整えます。
人の手による作業過程の力加減等で、同じ製品でも微妙に表情が違います。
そこが、ロートアイアン製品の魅力です。

一方、「鋳造(ちゅうぞう)」という金属加工もあります。
こちらは、液体状に溶かした鉄を、型に流し込み、冷やして目的の形状に固めます。
出来上がったものを、鋳物(いもの)と言い、同じものを生産できます。


どちらかと言うと、「鍛造(たんぞう)」は、昔ながらの加工方法です。
複雑な立体形などを製作するのは難しいですが、素朴な雰囲気と重厚な力強さは十分あります。
たにべえ工房は、すべてロートアイアン(鍛造)によるものです。
よく見ると、同じ物でも1つ1つ違いますので、ご了承下さいませ。
「鍛造(たんぞう)」 中央部は、ねじってあります
「鋳造(ちゅうぞう)」 中央部は、ねじってみえるよう、段々になってます
ロートアイアンのフック 微妙に少しづつ違います

屋外での使用に伴う、経年変化について

ロートアイアン製品を、屋外で使用する場合は、経年変化していきます。
鉄の自然な現象で、紫外線や風雨の影響で、少しづつゆっくり錆びてゆきます。

錆びを抑えるため、使用する塗料を厳選し、また塗装の回数を増やし、塗膜がしっかりするよう努めています。
それでも、焼き付け塗装でない限り、屋外で使用する場合は、どうしても経年変化は避けられません。

そのまま、朽ちていく変化を楽しんいただくか、ご自身でリペイントしてもらえたらと思います。
鉄製品の錆びも魅力で、アンティークな雰囲気がありますよ。
少しづつ、変化していきます
お問い合わせ